メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

トランプ政権 「イラン不安定要因」 米次期国防長官、イラクは米軍残留

 【ワシントン会川晴之】トランプ次期米大統領から国防長官に指名され、12日の上院軍事委員会の承認公聴会に臨んだマティス元米中央軍司令官は、過激派組織「イスラム国」(IS)などとのテロとの戦いや、シリア、イラク、イラン政策など新政権が直面する中東政策の課題について証言した。

 「ISの(イラクでの拠点とする北部の)モスル敗退の後、あらゆる努力を結集し中東の地域戦略を組み立てることが不可欠だ」。マティス氏は、米軍事顧問団を含む有志国連合が有利な戦いを進めるモスル攻防戦の勝利後も、イラクに米軍を残留させることが重要と指摘した。

 イラクとアフガニスタンからの早期撤退を公約に掲げたオバマ政権は2011年にイラクからの米軍撤退を実…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文826文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです