メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明・漆原氏

共謀罪「対象広すぎ」…法案の修正必要

 公明党の漆原良夫中央幹事会会長は13日、TBSの番組収録で、「共謀罪」の構成要件を絞り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について「テロに対しては、(適用を)やるべきだが、犯罪の対象が広過ぎる。もっと縮減できないか」と述べ、676の犯罪を適用対象とする法案の修正が必要だとの認識を示した。

     漆原氏は「捜査が拡大したり乱用されたりする恐れがあると国民が心配している。どのへんに折り合いを付けるのか政府も与党も知恵を絞らなければならない」と指摘した。政府は20日召集の通常国会での提出を目指しており、自民党の二階俊博幹事長は同番組の収録後、記者団に「早期提出、早期成立が大事だと思っている。必要なら公明党と党首会談をして、結論をまとめたい」と述べた。

     金田勝年法相は13日の記者会見で公明党への対応を問われ、「国民の理解を得られるよう慎重に検討している」と述べた。【水脇友輔】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです