メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流氷はどこから来るの?

流氷

オホーツク海北側海岸かいきたがわかいがんから

 北海道ほっかいどうのオホーツク海沿岸かいえんがんでは、毎年まいとしこの時期じきになると流氷りゅうひょうせてきます。流氷りゅうひょううみうえながれるこおりです。いったいどうやってできて、どこからるのでしょうか。【斎藤広子さいとうひろこ

    北海道沖ほっかいどうおきこおりじる

     北海道ほっかいどうのオホーツク海沿岸かいえんがんには毎年まいとしがつから3がつわりごろにかけて流氷りゅうひょうがやってきます。ひとつのおおきさがすうメートルから数百すうひゃくメートルにもなるこおりが、くっついたりはなれたりしながらうみうえうご姿すがたは、北海道ほっかいどうふゆ風物詩ふうぶつしにもなっています。今月初こんげつはじめには、紋別海上保安部もんべつかいじょうほあんぶ巡視船じゅんしせんが、こんシーズンはじめての流氷りゅうひょう観測かんそくしたというニュースがありましたね。

    アムールがわこおりではなかった

     北海道ほっかいどうにくる流氷りゅうひょうはどこからやってくるのでしょうか。ながあいだはっきりせず、ロシアのアムールがわこおりだというせつがありました。そこで北海道立ほっかいどうりつオホーツク流氷科学りゅうひょうかがくセンター元所長もとしょちょう青田昌秋あおたまさあきさんは、1993ねんから94ねん流氷りゅうひょう時期じきに、発信器はっしんきのついたブイをアムールがわ河口かこうはなちました。しかしブイは北海道ほっかいどうまでながかず、サハリンの北側きたがわ海岸かいがんこおいてうごかなくなってしまいました。一方いっぽう、サハリン北東部ほくとうぶ流氷りゅうひょううえせたブイは、北風きたかぜって毎秒三十数まいびょうさんじゅうすうセンチメートルのはやさで南下なんかつづけ、北海道ほっかいどう国後島くなしりとう沿岸えんがんながきました。

     この調査ちょうさやその人工衛星じんこうえいせい使つかった観測かんそくによると、ロシアのオホーツクやマガダンがあるオホーツクかい一番北側いちばんきたがわでは、海岸かいがん次々つぎつぎうすこおりができてはながされることがかえされます。こおりはサハリンの東側ひがしがわながれる海流かいりゅうってみなみかってながれ、さむさであつみをしながら、北海道ほっかいどうまでやってくることがわかりました。一方いっぽう、1月下旬がつげじゅんには北海道沖ほっかいどうおきうみえてこおはじめます。北海道沿岸ほっかいどうえんがんながれつく流氷りゅうひょうは、ロシアまれのこおり北海道沖生ほっかいどうおきうまれのこおりじりったものなのです。

    こお特別とくべつ条件じょうけんそろったうみ

     うみみず塩分えんぶんふくんでいるため、普通ふつうみずよりもひく氷点下ひょうてんか1・8にならないとこおりません。また、うみふかいほどえにくく、こおりにくいのです。オホーツクかいは、カムチャツカ半島はんとう、サハリン、千島列島ちしまれっとう北海道ほっかいどうかこまれ、そこにアムールがわ真水まみずながむため、海面かいめんから水深すいしん50メートルまでは塩分えんぶんうす海水かいすい、それよりふかところ塩分えんぶん海水かいすいという2そう構造こうぞうになっています。それぞれのそうじることがないため、水深すいしん50メートルよりあさそう短時間たんじかん海水かいすいえて、普通ふつううみよりこおりやすいのです。

     そこにシベリアから非常ひじょうつめたい季節風きせつふういてうみこおらせます。こおりはどんどんひろがって、一番広いちばんひろがる2がつから3がつにかけては、オホーツクかいやくわりこおりおおわれてしまうほどです。一方いっぽう太平洋たいへいようおなじくらいきたにある地域ちいきでは水深すいしんふかく、海水かいすい表面ひょうめんから海底かいていまで対流たいりゅうするのに時間じかんがかかるため、氷点下ひょうてんか1・8になるまえはるおとずれてこおりません。オホーツクかい特別とくべつ条件じょうけんがそろっていて、北半球きたはんきゅうこおうみなかではもっとみなみ位置いちするうみなのです。

     ■ミニ知識ちしき

    シベリア上空じょうくう寒気かんきおおきな影響えいきょう

     航空機こうくうきふねによるオホーツクかい調査ちょうさで、こんシーズンの流氷りゅうひょう例年れいねんよりもはや南下なんか観測かんそくされ、網走地方気象台あばしりちほうきしょうだいは、北海道網走市ほっかいどうあばしりし流氷りゅうひょう陸地りくちからえる「流氷初日りゅうひょうしょにち」がいつものとしよりはやくなる可能性かのうせいがあるとみています。

     北海道立ほっかいどうりつオホーツク流氷科学りゅうひょうかがくセンター所長しょちょう高橋修平たかはししゅうへいさんによると、流氷りゅうひょうはやるかおそるかは、気温きおんとくにロシアのシベリア上空じょうくう寒気かんき気温きおんおおきく影響えいきょうするそうです。

     シベリアではふゆ地表ちひょうさむさから、上空じょうくうさむ高気圧こうきあつ居座いすわって寒気かんきみなみします。さむいほどかぜつよくなりオホーツクかい北側きたがわでできた流氷りゅうひょうをどんどんみなみはこんでいきます。また、流氷りゅうひょうせる海流かいりゅうも、このかぜおおきな影響えいきょうけます。高橋たかはしさんは「このふゆは11月上旬がつじょうじゅん北海道各地ほっかいどうかくち記録的きろくてきはやく、おおくのゆきったことなど、北海道ほっかいどうからシベリアまで平年へいねんよりさむ気象条件きしょうじょうけんつづいたことがかんがえられ、はや流氷りゅうひょう南下なんかむすびついているのでは」と分析ぶんせきしています。

    こおりしたゆたかなうみ

     流氷りゅうひょうもの生活せいかつにどのような影響えいきょうあたえているのでしょうか。

     高橋たかはしさんによると、流氷りゅうひょう裏側うらがわでは、植物しょくぶつプランクトンが日光にっこうびて繁殖はんしょくします。植物しょくぶつプランクトンは動物どうぶつプランクトンのえさとなり、動物どうぶつプランクトンが大量たいりょう発生はっせいします。動物どうぶつプランクトンをべる小魚こざかな小魚こざかなべるサケなどのおおきなさかな繁殖はんしょくします。北海道ほっかいどう知床半島しれとこはんとうでは、サケをべるヒグマたちがらします。流氷りゅうひょうによってはぐくまれる豊富ほうふなプランクトンが、オホーツク海沿岸かいえんがんものたちをささえているのです。

     「(流氷科学りゅうひょうかがくセンターのある)紋別市もんべつしには海中かいちゅうられるオホーツクタワーがありますが、展望窓てんぼうまどからのぞくと海中かいちゅうはとてもにごっています。それはきたないのではなく、プランクトンが豊富ほうふゆたかなうみだからです」と高橋たかはしさんははなしています。


    はなしいたひと

     北海道立ほっかいどうりつオホーツク流氷科学りゅうひょうかがくセンター所長しょちょう 高橋修平たかはししゅうへいさん

    参考さんこうにしたサイト

     北海道立ほっかいどうりつオホーツク流氷科学りゅうひょうかがくセンター(http://giza-ryuhyo.com/)


     マンガで理科りか きょうのなぜ? ぜんかん偕成社かいせいしゃから好評発売中こうひょうはつばいちゅうです


    今後取こんごとげるテーマ

    下水道げすいどう役割やくわり

    ●なぜ右利みぎききがおおい?

    電話でんわ歴史れきし

     *つき最終週さいしゅうしゅうはおやすみします


     感想かんそう意見いけんをおかせください。このページを小学校しょうがっこう授業じゅぎょうにお使つかいになるためにPDFファイルもあります。新聞しんぶん在庫ざいこがあれば提供致ていきょういたします。なるべくまえもってご連絡れんらくください。

    〒100-8051 毎日小学生新聞編集部まいにちしょうがくせいしんぶんへんしゅうぶ「きょうのなぜ?」がかり電話でんわ03・3212・3274、ファクス03・3212・2591)へ。毎小購読まいしょうこうどくのおもうしこみはフリーダイヤル0120・468・012へ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台風21号 西日本、東日本大荒れに 23日朝本州上陸も
    2. 母娘死亡 予備タイヤ落下か 広島の会社、現場にチェーン
    3. 台風21号 列島大雨に 「特別警報」の可能性
    4. トランプ氏 ケネディ氏暗殺の捜査資料、機密指定解除へ
    5. 衆院選2017 各党 選挙公約(その1)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]