メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 ラスコー洞窟壁画(フランス・モンティニャック) 感じる2万年前の息吹

再現された洞窟に入ると、頭上に広がる巨大な牛の壁画に圧倒される=フランス南西部モンティニャックで

 ひんやりとした漆黒の空間の中に、しばらくたたずんでいると、ほのかな明かりがゆっくりともった。躍動感あふれる巨大な牛の壁画が頭上に浮かび上がる。思わず息をのんだ。

 昨年12月15日にオープンした「モンティニャック・ラスコー国際洞窟壁画芸術センター」(ラスコー4)は、ラスコー洞窟のあるベゼール渓谷の斜面に沿うように建っている。

 屋上からは約500メートル先に実物の洞窟が存在する森を望む。目玉は、150メートルにもわたって内部…

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1453文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです