メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

木場勝己 かけがえのない時間を 二兎社「ザ・空気」でアンカー役

=内藤絵美撮影

 よく響く深い声、繊細にも豪快にも振れる自在な演技。シェークスピア史劇の王、「海辺のカフカ」の猫と話ができるナカタさん、昨年は韓国発の舞台でのニヒルなトラック運転手と、木場勝己は多彩な舞台で存在感を放つ。

 「来るものは拒まない。間口は開けっ放しです」。柔和で雄弁な目が、いたずらっぽく笑う。今年初めての舞台は二兎社の永井愛による3年ぶりの書き下ろし新作「ザ・空気」(演出も永井)。ニュース番組の裏側を描く5人芝居で、新聞社の論説委員から番組のアンカーに起用された大雲要人を演じる。

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1235文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです