メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一作入魂

店頭で中華まん、50年以上 津「井村屋」松田宇史さん(40) /愛知

松田宇史(たかし)さん

 冬の定番と言えば、コンビニエンスストアに並ぶほかほかの中華まんじゅう。店頭で蒸し立てを食べられるようになったのは、あずきバーで有名な津市の「井村屋」の存在が大きく、50年以上も全国の人たちに温かい味を届けてきた。

 中華まんじゅうが日本に広まったのは明治時代とされ、百貨店などで高級品として扱われていたという。井村屋が肉まんとあんまんの販売を始めたのは1964年。駄菓子屋などの冷凍ケースで提供していた夏場のアイスクリームに代わる冬用商品に、と考えたのがきっかけだった。

 和菓子の包む技術を応用し、肉まんは具材に味をつけたり、あんまんは当時珍しかった粒あんを使ったりする…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです