メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チーター

ペアリング成功、おめでた期待 多摩動物公園

リリー=多摩動物公園で

 陸上最速の動物チーターは、飼育下の繁殖が難しい。本来、親子や兄弟以外は、雌雄とも単独で暮らす習性があり、自由に移動して相手を選ぶことができない動物園の「なれ合い同士」では発情が起きにくいからだ。多摩動物公園(東京都日野市)は、雌雄を互いに見えないようにして発情を促し、タイミングを見てお見合いさせたり、複数の施設と協力し、移動したりして、多摩を含む3園の、いずれも日本生まれの個体がペアリングに成功した。2頭の雌でおめでたの期待が高まっている。【斉藤三奈子】

 国内では戦時中の一時期を除き、1930年代からチーターが飼育されたが、繁殖につながらなかった。野生…

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1340文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです