メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

■連載「プログラミングって」2(2017年2月号より)

ニュースがわかる2月号より

「プログラムで動くもの」

     身の回りにある電化製品はプログラムで動くものばかり。家の中だけでも、テレビ、エアコン、電話、洗濯機、電子レンジなどたくさんある。スイッチ一つで自動的においしいご飯が炊ける炊飯器もその一つだ。プログラミングで何が変わっただろう、

    ▽▽人間の代わりをする

     昔は人間がかまどにつきっきりで火加減の調節をしていたんだ。電気炊飯器が登場したことで、自動的にご飯が炊けるから人間がずっと見ている必要はなくなった。でも、最初から最後まで同じ強さで加熱し、ご飯が炊けたらスイッチを切るだけなので、おいしく炊くコツを再現できなかった。

     マイコン*が搭載されると、マイコンの中のこびとが、人間の代わりにおいしく炊くコツを再現してくれて、よりおいしいご飯を炊けるようになったんだ。

    *マイコン……小さなコンピューター。電化製品の「頭脳」チップでプログラムが入っている。

    ▽▽人間を超えた働きができる

     かまどでの作業は、人によって火の強さの加減もタイミングも違う。日によって気分も変わるから、炊きあがりにばらつきが出る。でも、プログラムで動く炊飯器は、火加減を人間以上に正確にコントロールできる。扱う人や気分が変わっても、毎日同じおいしいご飯が炊けるのだ。人間はやり方やコツを学習しないとできないけれど、プログラムされたマイコンは初めからたくさんのことを知っていて、人間以上のスキルを持っているんだ。

    イラスト・斉藤恵 文・(C)サイボウズ/毎日新聞社 2017

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松山千春さん ANA機内で熱唱 出発遅れで申し出
    2. 叶姉妹 念願のコミケ初出展 グッズ完売後も名刺手渡しの“神対応”
    3. 島崎遥香 ファンへの塩対応を反省 宝塚トップスターのフォローに「泣きそう」
    4. 食中毒 5歳女児重体 O157、総菜サラダが原因 埼玉
    5. 夏の高校野球 中京大中京マネジャー、広陵を応援 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]