メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

履物供養

感謝込め 老舗店企画、浅草神社では初 神事は28日 27日まで受け付け /東京

履物供養のために寄せられた草履を手にする富田さん=台東区浅草1の辻屋本店で

 履き古した草履やげた、せったに感謝の気持ちを表そうと、浅草の老舗履物店「辻(つじ)屋本店」(台東区浅草1)が「履物供養」を初めて企画し、草履などを無料で引き取っている。神事を執り行う浅草神社(同区浅草2)は「浅草では初めて。都内でも珍しいのではないか」と話しており、同店には連日、問い合わせの電話が寄せられている。【谷本仁美】

 辻屋本店は1912(大正元)年に墨田区で創業。関東大震災後から、浅草に店を構える。新品の販売だけで…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文561文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  4. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]