メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「好ましくない」54% 最も不人気大統領に

ドナルド・トランプ氏=西田進一郎撮影

米紙Wポスト世論調査 「好ましい」は40%

 【ワシントン西田進一郎】米紙ワシントン・ポストなどは17日、最新の世論調査結果を発表した。20日に就任するトランプ次期米大統領について「好ましい」と答えた人は40%にとどまり、「好ましくない」が54%に達した。過去40年間に就任した大統領の中で、最も不人気な大統領になるとみられている。

 同紙などによると、1977年に就任したカーター元大統領以降、就任前調査の「好ましい」の割合は50%台後半から70%台後半だった。トランプ氏は「大統領としての資質を備えているか」との質問で「備えている」が44%、「備えていない」は52%だった。

 米CNNテレビが17日に発表した世論調査結果でも、トランプ氏の支持率は40%、不支持率が52%とほぼ同様の結果だった。

 トランプ氏は自身のツイッターで「いんちきな選挙の世論調査で間違った人たちが、今度は(大統領の)支持率の世論調査をしている。これまで同様に不正な調査だ」と反発している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院選 「鉄の天井、改めて知った」希望の小池氏
  2. 衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ
  3. 衆院選 自民・小泉氏「安倍政権への国民の飽きを感じた」
  4. 台風21号 6人死亡、衆院選アルバイト男性も
  5. イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]