メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

ベトナム難民、神戸の輪 口癖、しゃーないね

被災した仲間たちが集まって避難生活を送るベトナム人のテント村=神戸市長田区南駒栄町の南駒栄公園で=1995年1月、塩入正夫撮影

 ベトナムから家族8人で難民として来日し、神戸市内で阪神大震災に遭遇したブ・ユイ・ルアンさん(70)=同市須磨区=の歩みは、小型船での脱出や地震による自宅の倒壊など苦難の連続だった。日本語の口癖は「しゃーないね」。しかし、震災から22年の現在は妻と子供、孫、ひ孫だけで計40人を超える親族に囲まれ、「死ぬまで神戸で過ごしたい」と幸せそうに笑顔を見せる。

 カトリック教徒のルアンさんは共産党政権下での迫害から逃れるため、1981年に母国を船で脱出。83年…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文866文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  2. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺
  3. 静岡女性遺体 「怖くなって車降りた」 2容疑者が供述
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]