メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

ベトナム難民、神戸の輪 口癖、しゃーないね

被災した仲間たちが集まって避難生活を送るベトナム人のテント村=神戸市長田区南駒栄町の南駒栄公園で=1995年1月、塩入正夫撮影

 ベトナムから家族8人で難民として来日し、神戸市内で阪神大震災に遭遇したブ・ユイ・ルアンさん(70)=同市須磨区=の歩みは、小型船での脱出や地震による自宅の倒壊など苦難の連続だった。日本語の口癖は「しゃーないね」。しかし、震災から22年の現在は妻と子供、孫、ひ孫だけで計40人を超える親族に囲まれ、「死ぬまで神戸で過ごしたい」と幸せそうに笑顔を見せる。

 カトリック教徒のルアンさんは共産党政権下での迫害から逃れるため、1981年に母国を船で脱出。83年…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文866文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  3. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  4. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです