メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上毛かるた70年

異聞見聞録/12止 「鶴のくちばし」板倉町 札はなくても負けぬ情熱 新住民の群馬ガイドにも /群馬

上毛かるたの練習に励む「若あゆ子ども会」の小中学生や保護者。練習場には歴代の表彰状がずらりと並ぶ=板倉町板倉の住民センターで

 最終回は、再び群馬県の形にまつわる話から--。

 もし、1871(明治4)年に上毛かるたが作られていたら、「鶴舞う」と詠まれなかったかもしれない。この年にあった廃藩置県に伴う第1次府県統合で、鶴の「頭」部分を占める邑楽郡(板倉、明和、千代田、大泉、邑楽5町)は栃木県に組み込まれたからだ。

 再編で群馬の管轄になるのは5年後の76年。まさに「鶴」の要ともなった地域だが、読み札には登場しない。今でこそ、大泉町が国内最大規模のブラジルタウンになり、東洋大板倉キャンパスができ、工業団地が並ぶが、「かるた製作時(1947年)、この辺りは一面が農耕地帯で、特に取り上げるようなものもなかった」(冨塚基輔・明和町長)。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1140文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです