メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「釜芸」作品展

アートはみんなのもの 開催先駆けワークショップ 障害者や子供ら筆握る 21日から三島で /静岡

キャンバスに自由に線などを描く子供=三島市文教町の大岡信ことば館で

 日本最大の日雇い労働者の街「あいりん地区」(大阪市西成区)で開講している無料講座「釜ケ崎芸術大学」(釜芸)参加者のアート作品展「釜芸がやってきた!釜ケ崎芸術大学・わしが美なんか語ってもええんか?」が21日から三島市文教町の大岡信ことば館で始まる。開催に先駆け16日、会場の大型キャンバス4枚に絵の具で線を描き入れるワークショップがあり、障害者福祉施設利用者や高校生、一般客ら約100人が筆を握った。

 釜芸は、芸術を通して日雇い労働者支援に取り組むNPO法人「ココルーム」(大阪市西成区)代表で詩人の…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文544文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. 十勝川温泉 苦境を逆手、自虐ポスター 地震後に客激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです