メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
伊豆・稲取温泉

お雛様つるしてお祝い 20日から

色とりどりの飾りものがつるされた「雛のつるし飾りまつり」=静岡県東伊豆町で2017年1月19日、長谷川直亮撮影

 静岡県東伊豆町の稲取温泉で20日から「第20回雛(ひな)のつるし飾りまつり」が始まるのを前に、主催する同温泉旅館協同組合が19日、着物姿の地元保育園児らを招き、主会場の「文化公園雛の館」を報道陣に公開した。

 江戸時代後期、お雛様を買えない家庭が端切れで手作りし、子や孫の初節句を祝おうと始まったと伝わる。厄が去るようにと「サル」、寝る子は育つと「枕」など約40種の縁起物を赤い糸でつるす。

 人形約6400個のジャンボつるし飾りをはじめ約1万7000個が会場を鮮やかに彩る。入館料300円。3月31日まで。【梁川淑広】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  3. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 月刊相撲 おかみさん・リレーコラム 千賀ノ浦部屋・舛田奈緒子さん(58)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです