メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

居眠り運転防止

ドライバーの脳波で危険を察知

脳波センサーとスマートフォンで居眠り運転の危険性を察知する装置を開発したKenpalの飯田貫代表取締役

 脳波からドライバーの居眠り運転の危険性を事前に察知して警告する装置を、IT企業のKenpal(ケンパル、東京都中野区)が開発した。高速バス会社向けに年内の実用化を目指しており、18日に東京ビッグサイトで開幕した第3回ウェアラブルEXPOに出品している。

 同社は2015年春ごろから脳波を使ったウエアラブル端末の研究を進めていた。2016年1月に軽井沢スキーバス転落事故が起き、バス会社の運行管理の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです