メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドライバーの脳波で危険を察知

脳波センサーとスマートフォンで居眠り運転の危険性を察知する装置を開発したKenpalの飯田貫代表取締役

 脳波からドライバーの居眠り運転の危険性を事前に察知して警告する装置を、IT企業のKenpal(ケンパル、東京都中野区)が開発した。高速バス会社向けに年内の実用化を目指しており、18日に東京ビッグサイトで開幕した第3回ウェアラブルEXPOに出品している。

     同社は2015年春ごろから脳波を使ったウエアラブル端末の研究を進めていた。2016年1月に軽井沢スキーバス転落事故が起き、バス会社の運行管理のあり方が問われたことから、運転手の状態を脳波でリアルタイムに読み取るシステムの開発に着手。眠気や集中力の低下を脳波から読み取るソフトウエアの開発に成功したという。

     運転手の脳波は、ヘッドセットタイプのセンサーとスマートフォン経由で計測する。運転前診断で居眠りの危険性を予測して休憩の目安を提案するほか、運転中は眠気の予兆をキャッチし、早めの休憩を促す。データはほぼリアルタイムで会社の管理サイトからも閲覧可能で、会社側からも休憩を促したり、運転手の特徴に合わせた運行管理もできる。

     センサーで捉えた脳波からは、運転手がパニック状態に陥っているかどうかも検出できるといい、現在、検証中だ。【兵頭和行】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    2. 沼津工高電子科 3年40人、国家試験に全員合格 /静岡
    3. 傷害容疑 「歩きスマホが悪い」と体当たり、女性が重傷
    4. 岐阜・正面衝突 80歳代の夫婦死亡 トンネル内で
    5. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]