メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解なるほど

オバマ政権、8年間の功罪

オバマ=大統領の8年間

 アメリカの大統領だいとうりょうは20はつか、オバマさんからトランプさんに交代こうたいします。おおくの期待きたいあつめながら、理想りそう現実げんじつのはざまでれた8年間ねんかんの「オバマ時代じだい」をかえります。【ぶん竹花周たけはなしゅう

    ポイント

    <1>黒人初こくじんはつのアメリカ大統領だいとうりょう

    <2>数々かずかず和解わかい実現じつげん

    <3>軍縮ぐんしゅく道半みちなかばのまま

    <4>恩恵おんけい国民全体こくみんぜんたいわたらず

    たかかった変化へんかへの期待きたい

     オバマさんは8年前ねんまえ選挙せんきょで「チェンジ(変革へんかく)」と「イエス・ウィ・キャン(やればできる)」のスローガンをうったえて当選とうせんしました。2009ねんがつ大統領だいとうりょう就任しゅうにん。アメリカ社会しゃかいでは少数派しょうすうは黒人こくじんなかからはじめて大統領だいとうりょう誕生たんじょうし、世界せかいもアメリカ国民こくみん変化へんか期待きたいしました。実際じっさい同性どうせいカップルの結婚けっこん支持しじするなど、これまでの大統領だいとうりょうができなかった姿勢しせいせました。就任直後しゅうにんちょくごの09ねんがつにはチェコの首都しゅとプラハで演説えんぜつし、「核兵器かくへいきなき世界せかい」の実現じつげんうったえる演説えんぜつをして、ノーベル平和賞へいわしょう受賞じゅしょうしました。

    他国たこくへのあゆりで成果せいか

     15ねんにはキューバと54ねんぶりに国交こっこう回復かいふく核開発問題かくかいはつもんだい対立たいりつしていたイランとは、核計画かくけいかく規模きぼ縮小しゅくしょうさせる行動計画こうどうけいかくむすびました。昨年さくねんがつには被爆地ひばくち広島ひろしま現職げんしょく大統領だいとうりょうとしてはじめて訪問ほうもんするなど、他国たこくとの「和解わかい」をすすめました。地球温暖化対策ちきゅうおんだんかたいさくあたらしい枠組わくぐみである「パリ協定きょうてい」を批准ひじゅん協定きょうていまもることにくにとして同意どういすること)し、協定きょうてい発効はっこう積極的せっきょくてき後押あとおししました。また、任期中にんきちゅうにスキャンダルはほとんどありませんでした。

    戦争せんそうわらせられず

     選挙せんきょではイラクとアフガニスタンでのふたつの戦争せんそうわらせることを約束やくそくしていました。11ねんにはイラクからぐんげました。しかし、過激派組織かげきはそしき「イスラムこく」(IS)が勢力せいりょくし、14ねんにはふたたぐん派遣はけん。アフガニスタンにもぐんのこったままです。一方いっぽうで11ねん内戦ないせんはじまったシリアへは、アサド政権せいけん化学兵器かがくへいき使つかったことにたいして空爆くうばく予告よこくしましたが途中とちゅう断念だんねんし、ぐん派遣はけん見送みおくりました。これらの対応たいおうを「弱腰よわごし」とみなし、シリアが混乱こんらんふかめた原因げんいんひとつと指摘してきする意見いけんもあります。

    経済けいざい危機ききえたが

     アメリカ国内こくない政治せいじでも手腕しゅわん発揮はっきしました。就任しゅうにん4か月前げつまえ住宅じゅうたくローンを発行はっこうしていた証券会社しょうけんがいしゃ破綻はたんをきっかけに、アメリカではリーマン・ショックとばれる深刻しんこく不況ふきょうきていました。就任後しゅうにんご1か月足げつたらずで景気対策けいきたいさくち、危機ききりました。また、だれもが適切てきせつ医療いりょうけられるよう、くにがつくった医療保険いりょうほけん加入かにゅうすることを国民こくみん義務ぎむづける制度改革せいどかいかく(オバマケア)を実現じつげんさせました。しかし、景気回復けいきかいふく恩恵おんけい国民全体こくみんぜんたいにはわたらず、不満ふまん失望しつぼうひろがったことがトランプさん勝利しょうり要因よういんにもなりました。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
    2. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論
    3. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
    4. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
    5. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです