メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米次期大統領

壁不要、世界は一つ 64年五輪バレー元日本代表、ケニアで指導 移民排斥を危惧

実業団女子「日立リヴァーレ」の練習を見守る菅原貞敬さん=日下部元美撮影

 メキシコ国境の壁建設を訴えるトランプ次期米大統領を、複雑な思いで見詰める元アスリートがいる。1964年東京五輪男子バレーボール元日本代表の菅原貞敬(さだとし)さん(77)。「あのような主張をする人物が大統領になるなど到底考えられなかった」。五輪後にアフリカで競技普及に努め、国境を超えた信頼関係を築いてきた。【日下部元美】

 秋田県能代市生まれで、敗戦国の劣等感を引きずって育った。半世紀前の五輪の開会式では、居並ぶ外国人選…

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1161文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです