メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

物は語る

原爆資料館未展示資料から 湯飲み 焦土から持ち帰る 熱線で溶け、破片付着 /広島

村上キクヨさんが広島市中心部で拾った湯飲み。陶器の破片が複数付着している=山田尚弘撮影

 食器棚に入っていたのだろうか。湯飲みの外側が原爆の熱線で溶け、陶器の破片が複数付着している。

 被爆時、爆心地から約2・5キロの己斐東本町(現西区己斐地区)の自宅にいた村上キクヨさんが生前、保管していた。

 キクヨさんは被爆当時33歳。爆心直下の細工町(現中区大手町1)にあった島病院で、1933年の開…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです