メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

物は語る

原爆資料館未展示資料から 湯飲み 焦土から持ち帰る 熱線で溶け、破片付着 /広島

村上キクヨさんが広島市中心部で拾った湯飲み。陶器の破片が複数付着している=山田尚弘撮影

 食器棚に入っていたのだろうか。湯飲みの外側が原爆の熱線で溶け、陶器の破片が複数付着している。

 被爆時、爆心地から約2・5キロの己斐東本町(現西区己斐地区)の自宅にいた村上キクヨさんが生前、保管していた。

 キクヨさんは被爆当時33歳。爆心直下の細工町(現中区大手町1)にあった島病院で、1933年の開…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  5. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです