メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

トランプ外交、専門家に聞く 対中政策見直し焦点 発言や人事、意図難解

ダグラス・パール米カーネギー国際平和財団副会長=2016年12月22日、ワシントンのカーネギー国際平和財団で会川晴之撮影

 米国で20日(日本時間21日)、トランプ新政権が発足する。外交政策で最も顕著なのが中国に対する強硬姿勢だ。トランプ氏は「一つの中国」政策の見直しも示唆するが、今後の米中関係はどのような変化を見せるのか。ブッシュ父政権でアジア政策を担当し、米国の在台窓口機関「米国在台協会」台北事務所の所長も務めたカーネギー国際平和財団のダグラス・パール副会長に聞いた。【聞き手・会川晴之】

 トランプ米次期大統領は「一つの中国」政策を、通商交渉の取引材料に使おうとするなど、対中政策の枠組み…

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文902文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  2. プロ野球 日本ハム 打たれない斎藤佑!韓国・NC戦2回完全に続き3回無失点(スポニチ)
  3. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え
  4. 不法残留 ベトナム人7人、疑いで逮捕 苫小牧市内で /北海道
  5. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです