メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

900万人超 4年連続で最高更新 

 大阪観光局は19日、2016年に大阪を訪れた外国人観光客数が約941万人となり、13年から4年連続で過去最高を更新したと発表した。約263万人だった13年との比較では、約3.5倍増。前年からの増加率は31%で、全国(22%)や東京(13%)よりも高かったが、91%だった15年よりも鈍化した。

     溝畑宏局長は「増加率は落ち着いてきたが順調。今年は1000万人を目指したい」と述べ、消費単価の高い欧米やオーストラリアからの客が増えるよう注力する方針を示した。

     中国からの客が最も多く約373万人(前年比37%増)、次いで韓国約158万人(同46%増)、台湾約126万人(同19%増)、香港約63万人(同16%増)だった。関西国際空港での格安航空会社(LCC)の増便や、人気の高い京都や神戸などに近いことなどが堅調な要因とみられる。【武内彩】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    2. 稲田防衛相辞任へ 自民から厳しい声 国民の命預けられぬ
    3. 日報非公表 稲田氏、関与は否定 特別防衛監察結果を公表
    4. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    5. 朝鮮学校 無償化は義務、国の処分取り消し 大阪地裁判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]