メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富本憲吉

生家、高級旅館に 訪日富裕層を視野 1日2組限定「うぶすなの郷」 安堵 /奈良

 人間国宝の陶芸家、富本憲吉(1886~1963)の生家(安堵町東安堵)が、宿泊交流施設「うぶすなの郷(さと) TOMIMOTO」として生まれ変わる。奈良市のホテル経営「ワールド・ヘリテイジ」(川井徳子社長)が訪日富裕層らの集客を視野に「1日2組限定、2食付き宿泊費1人5万円から」の高級旅館として運営する。21日に完成披露の式典があり、宿泊は3月1日分より受け入れる。【皆木成実】

 生家は約2000平方メートルの敷地に母屋や離れ、蔵、門など大和民家様式の建物が立つ。1974年から…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文783文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. 青森4人死亡 飲酒運転で速度超過 32歳容疑者を逮捕
  5. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです