メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

日本の難民問題知って アフガンの写真も 人権博物館 /大阪

難民キャンプで使われるテントの中から見える展示写真=大阪市浪速区の大阪人権博物館で、三浦博之撮影

 大阪市浪速区の大阪人権博物館でRAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)主催の企画展「もっと知ろう!もっと考えよう難民のこと」が開催されている。3月18日まで。

 日本にも難民がいることを知ってもらおうと、RAFIQが国内の他の難民支援団体との協力で実現した。どんな人たちが難民なのか、世界の状況、日本の難民の問題などを知ることができる。

 展示では難民キャンプのテントも張られ、実際に入って大きさを実感できる。報道写真家の広河隆一氏が撮影…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文445文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 御大・富野由悠季が“脱ガンダム”にこだわる理由「作り手は安心したら最後」
  2. RSウイルス感染症 流行始まる 乳幼児、早めに受診を
  3. 建築士なりすまし 法不適合建築物、新たに1件判明 /神奈川
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 大阪都構想 総合庁舎の建設費2倍? 不足分新設と比べ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです