メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

日本の難民問題知って アフガンの写真も 人権博物館 /大阪

難民キャンプで使われるテントの中から見える展示写真=大阪市浪速区の大阪人権博物館で、三浦博之撮影

 大阪市浪速区の大阪人権博物館でRAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)主催の企画展「もっと知ろう!もっと考えよう難民のこと」が開催されている。3月18日まで。

 日本にも難民がいることを知ってもらおうと、RAFIQが国内の他の難民支援団体との協力で実現した。どんな人たちが難民なのか、世界の状況、日本の難民の問題などを知ることができる。

 展示では難民キャンプのテントも張られ、実際に入って大きさを実感できる。報道写真家の広河隆一氏が撮影…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文445文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 竜王戦 藤井七段、都成五段に勝つ 決勝T1回戦
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]