メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

「スパイ」にされた姉 戦時下、カトリック信者弾圧

カトリック高田教会の集合墓で、姉・中島邦さんの墓碑を見つめる笹川芳さん=新潟県上越市で、小川昌宏撮影

戦後も続いた孤立

 昨年11月、新潟県西部の上越市に住む笹川芳(よし)さん(78)は高速バスに2時間揺られ、新潟地検(新潟市)を訪ねた。同行した夫は中に入れず、事務官が待つ細長い会議室に通されたのは笹川さんだけだった。机の上に3枚ほどの紙があった。判決文だ。72年前、今は亡き姉の中島邦(くに)さんを拘束し、戦後も本人と家族を苦しめた罪とは何だったのか。この日、笹川さんは初めて知ることになる。

 日本が戦争一色の時代、カトリックの信者だった姉は熱心に教会へ通っていた。1944年4月、姉たち信者…

この記事は有料記事です。

残り5110文字(全文5356文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです