メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

ポピュリズム 急進的改革に危うさ 水島治郎・千葉大法政経学部教授

 大企業や既得権層への攻撃的発言で支持を集めるトランプ新大統領をどう見るか。ポピュリズムに詳しい千葉大の水島治郎教授(政治学)に聞いた。【聞き手・遠藤拓】

 トランプ氏の就任演説はこれまで通り「米国第一」を強調し、格差に不満を抱く中間層や職を失って困窮する労働者など、自身の支持者を強く意識した内容だった。ポピュリズムが色濃く出ている印象を受けた。

 ポピュリズムは既成権力の支配を人民が打破しようとする急進的な改革の動きを指す。下が上を突き上げる運…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文754文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]