メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

悲願の初優勝…稀勢の里、亡き師匠へ恩返し

初優勝が決まり、支度部屋を後にする稀勢の里=東京・両国国技館で2017年1月21日、宮武祐希撮影

 大相撲初場所で21日、大関・稀勢の里関(30)=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が初優勝を果たした。15歳で入門し、2002年春場所の初土俵から15年で悲願を達成。「うれしいです。本当に感謝しかない」と支えてくれた人への感謝の言葉を口にすると、右目から一筋の涙が流れ落ちた。【坂本太郎】

 取組後の支度部屋。白鵬関が敗れれば自分の優勝が決まる結びの一番のテレビ中継には、壁の方を向いて目もくれなかった。館内の大歓声が伝わり、付け人から「横綱が負けました」と聞かされると、稀勢の里関はゆっくりとうなずいた。

 入門当時の師匠で、11年11月に急逝した鳴戸親方(元横綱・隆の里)にささげる優勝となった。田子ノ浦…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  5. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです