メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史ウオーカー

/106 名古屋駅から名古屋城まで歩く=長屋良行 /愛知

「レトロ」も魅力的な観光資源

 2027年のリニア中央新幹線開業に向けて、名古屋駅周辺の再開発が進んでいる。その一方で、駅前を少し離れると、まるで時が止まったかのように「昔ながらの名古屋」が残っている。

 今回は、平成から江戸まで時代をさかのぼりながら、名古屋駅から名古屋城まで歩いてみたい。スタートは名古屋駅の桜通口だ。まずは交番前から横断歩道を渡る。正面にミッドランドスクエア、左側には大名古屋ビルヂング、JPタワー名古屋など高層ビル群が見える。まさに、平成の名古屋を象徴する景色だ。

 名駅通を南下して錦通を左折。二つ目の信号「西柳公園東」の角を左折すると「柳橋中央市場」に入る。ここ…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1047文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]