メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

「街からの伝言板-紡がれたことばたち-」 震災時の思いや体験、カルタで伝える 仙台で来月12日まで /宮城

カルタに刻まれたメッセージに見入る来館者=仙台市若林区のせんだい3・11メモリアル交流館で

 東日本大震災が発生した当時の思いや体験をカルタで伝える企画展「街からの伝言板-紡がれたことばたち-」が17日、せんだい3・11メモリアル交流館(仙台市若林区)で始まった。2月12日まで。

 仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「伝える学校」が企画。同プロジェクトのメンバーは2013~14年の2年間、市民から聞き取った震災体験談やメッセージをカルタにした。

 制作したカルタは計46枚。カルタには、もらい湯に行った体験やシャンプーを求めて行列ができた様子など…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文551文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]