メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミナトと生きる

神戸開港150年 ハマを支える父子2代 プロの技“背中”で教え /兵庫

ガントリークレーンの運転席は、地上約40メートルの高さにある。「何よりも優先されるのは安全」と語る川原好二さん=神戸市中央区の神戸国際コンテナターミナルで、元田禎撮影

 1月13日の神戸港は晴れ渡り、対岸の大阪がはっきりと見えた。ただ、風は強い。神戸市中央区・ポートアイランドにある神戸国際コンテナターミナル(KICT)で、神菱(しんりょう)港運の川原好二さん(50)=同市北区=は、いつものように淡々とガントリークレーンを操作する。運転席は地上約40メートルの高さで、巨大なコンテナが小さく見える。眼下に広がる海原。しかし、景色を楽しんでいる暇はない。

 父昭文さん(80)も同社に勤める“ハマの男”だった。「今はコンテナの時代だが、昔は湾内に停泊する大…

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1404文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです