メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

トランプ政権 イスラエルくすぶる火種 米大使館移転/入植地の拡大

 【エルサレム大治朋子】トランプ米大統領は22日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話協議した。2月の首脳会談では、イラン核合意問題などについて協議する見通しだ。イスラエル国内では、連立政権内の保守強硬派が、親イスラエルの米政権誕生を機に、ユダヤ人入植(住宅)地拡大を推し進めようと躍起だが、周辺アラブ諸国の反発は必至。対イラン包囲網を形成したいネタニヤフ氏は、難しいかじ取りを迫られている。

 ネタニヤフ氏は、2015年7月のイラン核合意により、核開発の可能性が温存されたり、経済制裁の軽減で…

この記事は有料記事です。

残り1524文字(全文1769文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです