メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

東南アジアへ熱視線 札幌にタイのメッシがやってくる 代表主力がJへ 経済効果期待も

野々村社長(左)と握手するチャナチップ(中央)=竹内幹撮影

 Jリーグに東南アジアの選手が増えつつある。今季、5年ぶりにJ1で戦う札幌には「タイのメッシ」と呼ばれるタイ代表MFチャナチップ・ソングラシン(23)が今年7月に加入することが決まった。昨季はJ2の水戸と横浜FCでベトナム代表選手がプレーした。サッカー熱が高く、経済成長著しい東南アジアに注ぐ、日本の関係者の視線は熱を帯びている。【江連能弘、大谷津統一】

 今月10日に開いたチャナチップの入団記者会見で、札幌の野々村芳和社長は「タイと日本をつなぐ大きな役…

この記事は有料記事です。

残り1710文字(全文1937文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです