メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税

都城、倍増71億円 全国1位で知名度向上

「肉と焼酎」をPRする都城市の「ふるさと納税」ポスター=宮崎県都城市姫城町の市役所で、重春次男撮影

 2016年の宮崎県都城市の「ふるさと納税」制度による寄付額が71億円で前年の約2倍に上ることが分かった。総務省は昨年3月までの1年間(2015年度)の寄付額について同市は全国最多としており、知名度アップの相乗効果といえそうだ。【重春次男】

 ふるさと納税は、応援したい自治体に寄付すると税が軽減される制度。畜産産出額が全国上位で、市内に大手焼酎メーカーもある市は、14年10月から「肉と焼酎のまち」と銘打ち、特典の返礼品を大幅に拡充した。

 この結果、15年度は全国の自治体で最も多い42億3100万円の寄付金を受け取った。昨年6月には、総…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです