メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

iPS細胞提供を一時停止 試薬取り違えの可能性

iPS細胞の一部提供停止について記者会見する京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長(中央)、高須直子副所長(左)ら=京都市左京区で2017年1月23日午後4時31分、三浦博之撮影

 京都大iPS細胞研究所は23日、外部の研究機関へ提供するため研究所でストックしていたiPS細胞(人工多能性幹細胞)2種類のうち1種類の提供を取りやめると発表した。作製時に試薬を取り違えた可能性があるためで、今夏をめどに作り直す。所長の山中伸弥・京都大教授は記者会見し「このような事態を招いたことを深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 試薬を取り違えた可能性があるのは、新生児のさい帯血から作製し昨夏に提供を始めたiPS細胞。既に13…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文619文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 山崎製パン「北海道チーズ蒸しケーキ」と「北海道チーズ蒸しケーキmini」を自主回収 金属片混入の恐れ
  4. カルビー 加熱すると…ポテチ出火 販売中止
  5. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです