メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島・夜行バス

運転手寝過ごし乗客17人閉じ込め6時間

山陽自動車道福山SA 運転手は仮眠室で3時間の予定が…

 広島県福山市の山陽自動車道福山サービスエリア(SA)で20日深夜から約6時間、中国JRバス(広島市)の夜行バスの男性運転手(38)が仮眠して寝過ごし、乗客17人がバス内に閉じ込められたことが分かった。警察も駆けつける騒動になり、乗客は新幹線で目的地の大阪に向かった。

     同社によると、バスは同県呉市のJR呉駅を20日午後8時半に出発し、大阪駅に21日午前6時20分ごろ到着する予定だった。福山SAに午後11時ごろ着き、運転手はトランクルーム横の仮眠室で3時間の予定で仮眠を取った。しかし、そのまま寝過ごし、乗客が午前5時35分ごろ、車内から同社や警察に連絡して発覚。バスは外側から施錠され、出入りできない状態だった。

     運転手は乗務後、風邪の症状があると診断されたという。同社の担当者は「所定の時間に到着できなかったことをおわびし、今後、乗務員の管理を徹底したい」と話した。【東久保逸夫】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
    2. 米韓合同軍事演習 8月中止 北朝鮮の非核化注視
    3. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
    4. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    5. 大阪震度6弱 死者5人に 大雨予想、土砂災害警戒を

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]