メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『作家のお菓子』

少し昔に生きた人のえりすぐりのおやつ

◆『作家のお菓子』コロナブックス編集部・編(平凡社コロナ・ブックス/税抜き1600円)

 『作家のお菓子』は、既にこの世を去った小説家、漫画家、画家ら26人が好んだお菓子を、遺された家族や担当編集者などの言葉を交えつつ紹介していく本だ。

 「作家の」と前置かれると、けっこうな重みを感じる。きっちり美しく撮られた写真もその印象をいや増す。ふわふわに膨らんだシュークリームも、かりっと焼かれたおかきも、重厚なものに見えてきてしまう。ただ、ひとつひとつに目を凝らせば、存外素朴だ。そのへんにぽんと置かれていたら、なんの変哲もない、あるいは、ずいぶん古めかしいな、と思わせられるお菓子。多くは、今でも買い求められるが、どれも老舗といえる店のものばかりだ。なぜかというと、少し昔に生きていた人たちのおやつ…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文910文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  3. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  4. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  5. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]