メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもシェルター

10代後半虐待に避難場所 県内の弁護士や福祉関係者らが開設準備 秋にも受け入れ /兵庫

子どもシェルター開設に向けて議論する弁護士や児童福祉関係者ら=神戸市で、井上元宏撮影

 県内の弁護士や児童福祉の関係者らが、10代後半の若者の緊急避難場所「子どもシェルター」の開設準備を進めている。親の暴力やネグレクト(育児放棄)といった虐待を受けながら、児童相談所の保護が届きにくい若者に寄り添い、次の生活へのステップを提供する。4月にNPOを立ち上げ、9月の受け入れ開始を目指す。【井上元宏】

 準備会事務局の曽我智史弁護士によると、18、19歳でも親から暴力を受けて家に居られない子どもの相談…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです