メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

著名人の墓参り 最後の言葉を聞きに

安楽椅子の形に作られた夏目漱石の墓=雑司ケ谷霊園で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「墓には故人のラストメッセージが託されている。それを聞きに行くのが墓参りです」。そう力説するのは「墓マイラー」を名乗る文芸研究家、カジポン・マルコ・残月さん(49)=ペンネーム。19歳から100カ国、2300人以上の作家や音楽家らの墓を訪れてきた。

 「最高の墓参り日和ですね」。澄み渡る冬空の下、カジポンさんが声を弾ませる。場所は雑司ケ谷霊園(東京都豊島区)、目当ては生誕150年を迎えた夏目漱石(1867~1916年)の墓だ。

 カジポンさんが漱石と出会ったのは高校時代、教科書で読んだ「こころ」。友人「K」と同じ女性に思いを寄…

この記事は有料記事です。

残り1307文字(全文1588文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  4. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  5. 寝屋川中1殺害初公判 突然土下座、泣いて謝罪も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです