メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 新しい命を育てている妊娠中や授乳中は、食べる物や服薬に特に気を使う。栄養バランスの整った食事や感染症にかからないよう気配りするのは基本だが、積極的に取るべき栄養素や薬との付き合い方も知っておきたい。

 ●障害リスク下げる

 妊娠前から積極的に取るべき栄養素に葉酸がある。ビタミンB群の一種で、緑黄色野菜やイチゴ、納豆、緑茶などに含まれている。妊娠期にふだんの食事に加えてサプリメントで摂取すると、神経管閉鎖障害のリスクを低くすることができる。胎児の脳や脊髄(せきずい)の元となる神経管がうまく形成されずに起きる二分脊椎(せきつい)症や無脳症といった病気だ。1990年代に英国や米国の研究で、神経管閉鎖障害のある子を一度産んだ母親が葉酸を積極的に取ることで、再発リスクは約7割低くなると報告された。厚生労働省も2000年、妊娠1カ月以上前から12週まで1日0・4ミリグラムの葉酸を補うよう勧めるようになった。母子手帳にも記載されている。

 しかし日本では、出産1万件中の二分脊椎の発症頻度は01年5・1件に対し、14年は5・59件と減って…

この記事は有料記事です。

残り2027文字(全文2493文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  3. WEB CARTOP 夏の家庭用エアコンの適正温度は28℃! クルマにも適正温度はあるのか?
  4. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし
  5. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]