メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画興行収入

最高2355億円 入場者も42年ぶり記録

(C)2016「君の名は。」製作委員会

 日本映画製作者連盟(会長・岡田裕介東映グループ会長)は24日、2016年の映画概況を発表した。総興行収入は2355億800万円で、統計の取り方が現在の形になった2000年以降で過去最高。映画館の入場者数も1億8018万9000人と、42年ぶりに1億8000万人を超えた。「君の名は。」(新海誠監督)、「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督)などアニメと特撮映画が全体の数字を押し上げた。

 興収の内訳は、邦画が1486億800万円(前年比23.5%増)、洋画が869億円(同10.2%減)…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文857文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです