メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

トランプ政権 メキシコ強気の構え 「尊厳」掲げ、米に対抗

演説で外交方針を語るメキシコのペニャニエト大統領=メキシコ市で23日、AP

 【サンパウロ朴鐘珠】トランプ米新政権の外交や通商政策に対し、隣国メキシコが強気の姿勢を鮮明にしている。31日にはワシントンで米メキシコ首脳会談が行われ、トランプ氏の看板公約だった国境の壁建設が議題に挙がる見通し。メキシコは人道上の観点から反対するだけでなく、トランプ氏が要求する費用負担にも一切応じない構えだ。拳を振り上げたままの両首脳がどこに着地点を見いだすのか、先行きは不透明だ。

 トランプ氏が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)から離脱する大統領令に署名した23日、TPP参加…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文997文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです