メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「大学は文科省の植民地か」自民・河野氏追及

河野太郎前行革担当相=藤井太郎撮影

 自民党の河野太郎前行革担当相は26日午前の衆院予算委員会で、文部科学省の官僚が国立大学法人に幹部として出向する「現役出向」が241人に上り、そのうち理事が76人を占めるというデータを示し、「大学は文科省の植民地になっているのではないか」と追及した。今月1日現在の数字だという。

     河野氏は「文科省は大学の運営交付金や補助金のさじ加減を握っている」と指摘。今回の天下りあっせん問題を踏まえ、現役出向をやめるよう求めた。松野博一文科相は「出向は国立大学法人の学長からの要請に基づき行われている。現場感覚を養い、行政に反映できるメリットもある」と答弁した。

     また、山本幸三国家公務員制度担当相は、天下り問題に関する全府省庁対象の調査について「外部の目がしっかり入る形でやっていきたい」と表明。松野氏も文科省の調査に「有識者や弁護士に関与してもらう」と述べた。【光田宗義】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「オタ芸」訴訟 男性の控訴棄却「鑑賞の仕方はさまざま」
    2. 二階幹事長 「失言は仕事だから」
    3. 桑原武夫蔵書 遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
    4. 地震動予測地図 関東~四国で高い確率継続…震度6弱以上
    5. 18歳のリスク ローンカード契約 だまされ120万円、即日借金

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]