メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車

警告灯放置なら車検通らず 2月から

エンジン始動前、メーター内に点灯した警告灯。始動後に消えないと2月以降は車検が受けられないことも=米田堅持撮影

 自動車の車検審査が2月から変わり、運転席のメーターパネルにある警告灯が点灯している車の検査は受け付けてもらえない。独立行政法人の自動車技術総合機構は、特に古い車などは車検前に十分に整備をしてから受検するよう呼びかけている。

 同機構によると、エンジンが動いている状態で、前方エアバッグ▽側方エアバッグ▽ブレーキ▽ABS▽原動機--の警告灯が点灯・点滅したり、警報ブザーが鳴ったりしたままの車については、2月から車検の審査を行わない。このため、車検が受けられなくなる。

 これらの警告灯は、ブレーキなど安全性に関わる重要な故障を抱えた可能性も否定できないことや、安全に対…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  4. SNSにも動画 背景に「カワウソブーム」 警視庁2容疑者逮捕
  5. 映画「ボヘミアン・ラプソディ」 日本での興行収入100億円超 観客動員727万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです