メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡2017

歌う尼僧、教え届け 明るく、伝統とらわれず 京都の寺でライブハウスで

阿弥陀如来に見守られながら歌う愛$菩薩こと中村祐華さん=京都市下京区で2016年11月7日、花澤茂人撮影

 仏教の魅力を歌を通じて伝える女性僧侶たちが人気だ。法衣と袈裟(けさ)に身を包みマイクやギターを手に歌うコンサートは盛況で、CDデビューした人も。なぜ尼僧たちは歌うのか。2人の若き歌い手に会いに行った。【花澤茂人】

ポップな旋律乗せ

 昨年11月初旬の夜、京都市内の寺にリズミカルな音楽が響いた。若手僧侶ら主催のコンサートイベント。阿弥陀(あみだ)如来像が見守る中、マイクの前に立ったのは「愛$(アイドル)菩薩(ぼさつ)」の名で2007年から活動する中村祐華さん(34)だ。

 「当たり前に 人と生まれたつもりで 業を背負い 不思議の縁でここにいる 今ある自分 爪上(そうじょ…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1376文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです