メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

ガソリンエンジン搭載 飛行時間延長可能に 県内企業が開発 /群馬

 小型無人機「ドローン」に低振動のガソリンエンジンを搭載し、長時間飛行させる技術を県内の企業が開発した。現在はバッテリーが主流で飛行時間は20分程度だが、エンジンによって1~2時間に延ばせるという。農薬散布や測量の用途を視野に来年中の実用化を目指す。=一部地域既報

 ドローンの販売・設計を手掛ける「ヨコヤマコーポレーション」(高崎市)と、熱エネルギーシステム設計・製造の「石川エナジーリサーチ」(みどり市)。

 現行のドローンが抱える課題の一つが飛行時間の短さ。長時間の飛行にはガソリンエンジンが有効だが、揺れ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです