メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法制訴訟

3人が意見陳述 地裁初弁論 /神奈川

 安全保障関連法の制定により平和的生存権を侵害されたとして、県民ら254人が国を相手取り損害賠償と自衛隊の防衛出動などの差し止めを求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、横浜地裁(石橋俊一裁判長)で開かれ、3人の原告らが「憲法9条に反した法律がまかり通りつらい」などと意見陳述した。

 原告の藤原律子さん(85)は14歳の時…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文343文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]