メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶんかの芽

/3 琴平高 郷土芸能同好会 地元の芸能守り、後輩へ引き継ぎ /香川

民謡の演奏や踊りの練習に励む琴平高郷土芸能同好会の生徒たち=香川県琴平町の同校で、待鳥航志撮影

 金比羅船々 おいてに帆かけて しゅらしゅしゅしゅ

 金刀比羅宮(琴平町)をテーマにした民謡「金比羅船々」。県立琴平高校郷土芸能同好会は、全国でも知られるこうした香川の民謡を脈々と受け継ぎ、伝統を守っている。金刀比羅宮の例大祭や依頼を受けた公演で民謡など5曲を浴衣を着て披露する。

 県内で開かれる総合文化祭に参加するため、同好会は1989年に創立された。現在の部員は女子ばかり26人。三味線や太鼓を演奏したり、歌ったりする「地方(じかた)」と、踊りのパートがある。練習は週に3日、1時間半ほどだ。

 民謡を伝える団体は、地域で減っている。琴平高では1年生6クラスで女子生徒2人ずつを「郷土芸能委員」…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文860文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  5. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです