メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市

地下鉄職員、介助士資格「100%取得を」 今後5年で

 大阪市は26日、市営地下鉄の全駅職員(管理職除く)が今後5年間で、高齢者や障害者らの移動補助などをする「サービス介助士」資格の取得率100%を目指すと発表した。現在の取得率は5割強。対象となる約1700人全員が取得することで、接遇能力を高めホーム上の安全対策を強化する。

 市交通局によると、資格は公益財団法人「日本ケアフィット共育機構」が認定する民間資格。1月1日現在、市営地下鉄9路線全133駅の職員約1700人のうち879人(52%)が取得しているが、202…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです