メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市

地下鉄職員、介助士資格「100%取得を」 今後5年で

 大阪市は26日、市営地下鉄の全駅職員(管理職除く)が今後5年間で、高齢者や障害者らの移動補助などをする「サービス介助士」資格の取得率100%を目指すと発表した。現在の取得率は5割強。対象となる約1700人全員が取得することで、接遇能力を高めホーム上の安全対策を強化する。

 市交通局によると、資格は公益財団法人「日本ケアフィット共育機構」が認定する民間資格。1月1日現在、市営地下鉄9路線全133駅の職員約1700人のうち879人(52%)が取得しているが、202…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  3. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです