メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介助犬

学んで知って 木村さん講演 宝塚・山手台小 /兵庫

木村佳友さん(右)から「テイク電話(電話を取って)」と声をかけられ、床に置かれた電話機を拾うデイジー=兵庫県宝塚市山手台西3の市立山手台小で、釣田祐喜撮影

 宝塚市山手台西3の市立山手台小学校で27日、介助犬デイジーと市内で暮らす木村佳友さん(56)の講演があった。手足の不自由な人のために落とした物を拾ったり、服を脱ぐのを手伝ったりする介助犬の仕事を紹介。木村さんは、今も介助犬の認知度は低く「学んだことを家族に話してほしい。多くの人に知ってもらえれば介助犬使用者は町に出やすくなる」と呼び…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  4. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  5. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]