メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介助犬

学んで知って 木村さん講演 宝塚・山手台小 /兵庫

木村佳友さん(右)から「テイク電話(電話を取って)」と声をかけられ、床に置かれた電話機を拾うデイジー=兵庫県宝塚市山手台西3の市立山手台小で、釣田祐喜撮影

 宝塚市山手台西3の市立山手台小学校で27日、介助犬デイジーと市内で暮らす木村佳友さん(56)の講演があった。手足の不自由な人のために落とした物を拾ったり、服を脱ぐのを手伝ったりする介助犬の仕事を紹介。木村さんは、今も介助犬の認知度は低く「学んだことを家族に話してほしい。多くの人に知ってもらえれば介助犬使用者は町に出やすくなる」と呼び…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです