メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうする放課後

成長を支える/下 「子ども主体」を目指す

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 ●親のためではなく

 東京都足立区周辺で学童保育を運営するCFA(チャンス・フォー・オール)は中山勇魚(いさな)さん(32)ら公立・民間の学童保育を経験した3人が2013年に始めた。説明会ではまず、「保護者のために預かる施設ではない」と伝える。指導員としては好待遇の、年収300万円以上の正規職員が勤めていることも特徴だ。

 代表の中山さんは10代のとき親族のトラブルで転居を重ね一時、大学進学も危ぶまれた。その後暮らしは安…

この記事は有料記事です。

残り2284文字(全文2511文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]