メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夜ノ森駅

ツツジ、また咲くか…除染で伐採、住民ら再生へ

東京電力福島第1原発事故前のJR夜ノ森駅。色とりどりのツツジの花がホームの両側に咲き誇っていた=2010年5月13日撮影(富岡町役場提供)

 東京電力福島第1原発事故により全町避難が続く福島県富岡町で、JR常磐線夜ノ森(よのもり)駅の名物だったツツジの再生プロジェクトが始動した。78年前に住民らがJR山手線・駒込駅(東京都豊島区)に倣って線路沿いに植樹を始め、「町の花」に指定されたものの、原発事故の除染に伴い約6000本すべての伐採を余儀なくされた。町は住民らの願いを受けて根を残してもらい、新たな苗木も植えて再生にかける。【曽根田和久】

 町によると、駅線路沿いの土手にツツジが植えられたのは1939年。線路の両脇に崖がある殺風景な駅を明…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1058文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです