メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR鹿児島線

トラブル相次ぐ 6万7000人に影響

 JR九州の鹿児島線で27日、トラブルが相次ぎ、約6万7000人に影響した。午後2時ごろ、博多総合指令(福岡市)の運行管理システムが作動しなくなり、全線で40分間から1時間運転を見合わせて4県で約2万5000人に影響した。午前にも、福間駅(福岡県福津市)構内で信号機が赤のまま変わらなくなる障害が発生し、福岡県内の一部区間で一時運転を見合わせ、ラッシュ時と重なって約4万2000人に影響した。

 JR九州によると、博多総合指令で鹿児島線(門司港-八代、川内-鹿児島中央)の列車の運行状況を表示す…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文906文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです